日本イェイツ協会について

沿革

 日本イェイツ協会はW.B.イェイツ生誕100年にあたる1965年に設立されました。第1回大会は同年6月12日と13日(イェイツの誕生日)の2日間にわたって早稲田大学文学部で開催され、総会において、会長に尾島庄太郎氏、顧問に西脇順三郎、深瀬基寛、山本修二の3氏が就任し、25人の俊英が委員となりました。それからもう49年の歳月が流れ、多くの研究者が刺激しあいつつ、この豊かな水脈から多大な恩恵を受けてきました。2014年は設立50周年記念大会を迎えるに至りました。

『日本イェイツ協会会報』第1号(昭和41年4月10日発行)の編集後記に、「最後の希望は、設立趣意書にうたわれている、イェイツを主軸としたアイルランド文学、現代英詩の研究が、たくましく豊かに実をむすぶことにある」と故大沢実氏は書いています。以来内外の学者の講演や優れた研究発表、そしてシンポジウム/ワークショップなど行われ、日本イェイツ協会をさらなる研究の場として築き上げてきました。

 これまで発表されたテーマをいくつか列挙しますと、「イェイツをめぐる考察」、「イェイツとシング」、「イェイツとアーノルド」、「イェイツとシェイクスピア」、「イェイツとギリシア劇」、「イェイツと能」、「イェイツとパウンド」、「イェイツとシェリー」といった比較研究など、またシング、キーツ、ディラン・トマス、アーノルド、ブレイク、コールリッジ、T.S.エリオット、デイ=ルイス、ジョイス、パウンド、ウィリアム・カールトン、ショー、ワイルド、シェイマス・ヒーニーなど多数の詩人が採りあげられました。シンポジウムでは、Irishnessを探ったり、イェイツの特定の作品を読んだり、司会・構成の担当者によってさまざまな工夫がこらされています。日本イェイツ協会は現在のところ、イェイツを中心にアイルランド文学全般を研究対象と考え、使用言語は原則として日本語としています。

 また学会誌『イェイツ研究』を年一回発行し研究を深め、ニューズレター UNICORNを年二回発行して大会の案内・報告など情報を伝えています。

 内外の学会とも連絡を密にしていきます。国内では特にIASAIL Japanや日本ジョイス協会、海外ではSligoのYeats International Summer Schoolをはじめアイルランド、アメリカ、カナダ、インド、韓国などの学会と学術交流をしていきます。

 日本イェイツ協会は日本学術会議協力学術研究団体として登録されています。

役 員 (2016年度後期ー2018年度前期)

会長奥田良二
事務局長諏訪友亮
事務局運営中村麻衣子
会計三好みゆき
編集委員長石川隆士
編集委員池田寛子、石川隆士、佐藤容子
委員浅井雅志、池田寛子、石川隆士、伊東裕起、岩田美喜、海老澤邦江、岡室美奈子、奥田良二、柿原妙子、小堀隆司、佐藤容子、諏訪友亮、伊達恵理、伊達直之、谷川冬二、栩木伸明、中尾まさみ、西谷茉莉子、萩原眞一、松田誠思、松村賢一、真鍋晶子、三好みゆき、山崎弘行 
ウェブ委員岩田美喜、小堀隆司、柿原妙子、諏訪友亮

事務局連絡先

協会名日本イェイツ協会
事務局〒156-8502
東京都世田谷区桜丘1−1−1
東京農業大学 国際食料情報学部
教養分野 諏訪研究室内
TEL
FAX
Emailインフォ☆the-yeats-society-of-japan.jp(インフォ☆をinfo@にご変換ください)